クロミフェンの副作用について

クロミッドジェネリックのクロミフェンって知っていますか?

クロミフェンの副作用について

どんな薬にも副作用がつきものです。
不妊治療でよく使われている薬といえばクロミッドが代表的ですね。
そのクロミッドジェネリック医薬品であるクロミフェンも広く治療でつかわれています。
それらの薬には副作用があるのか気になりますよね。
私も一時期飲んでいたことがあるのですが、残念ながら妊娠には至りませんでした。
産婦人科に通うことがストレスとなってしまったので、通わなくなってしまったのです。
服用をすすめられた時に自分なりにその副作用について調べてみたのです。
それを紹介します。

もともとそれほど大きな副作用が出にくい薬だと言われています。
しかし稀に体に合わない時はそれが起こる可能性もあります。
最も症状で重いのが卵巣が腫れてくることです。
それは薬が効きすぎてしまった事により起こります。
クロミッドは排卵を誘発するための薬ですが、卵が多く作られすぎるとそれが原因で卵巣が腫れあがってしまうのです。
そうなれば子宮部分に強い痛みが出てくるでしょう。

またホルモンを分泌する視床下部に働きかけるのでそれにより副作用が起こることもあるようです。
吐き気や頭痛などの不快症状が出てくる方もいらっしゃいます。
さらに生理前のイライラなどの症状が起こることもあるようです。

それを事前に知った上で私は服用をしました。
幸い何も起こらなかったので安心しました。
これからそれを服用予定の方は、副作用のリスクについてもしっかりと理解した上で飲みましょう。
飲み始めた段階で何か異常に気が付くことができれば重症化せずに済むからです。
妊娠するためには自分の体が健康であってこそです。
健康な体があればいつか必ず妊娠できると思います。